東京–()–(ビジネスワイヤ) — Acesseブランドの電子電機機器、オンライン・エンターテインメントおよびオンライン・ビジネス・サービスを展開しているADXグループは、2020年第一四半期にNASDAQにIPO(株式公開)申請する意向であることを発表しました。

ADXの日本法人であるアクセスジャパン合同会社は、東京に本社を構え、主に東京、福岡、大阪、沖縄でのビジネスにフォーカスしています。

ADXの電子電機機器である高度なスマートフォンとアクセサリ、タブレット、高性能ワイヤレスオーディオ機器、オンライン・サービスと組み合わせて使用されるaHealthウォッチ等、これらの製品はADXのMobile.Net®プラットフォームと200ヶ国10万人ものアクティブ会員により販売されています。

ADXオンライン・エンターテインメントのラインアップは、Fantas E Sports®(ファンタジー・スポーツ)のシリーズ名のもとで、戦闘ゲーム、バスケットボールとサッカー、そして人気の高いAcesse Downs(アクセスダウンズ)競馬ゲームが稼働しています。さらに、短時間で楽しめる数十種類のオンライン・ゲームを備えたGameSmart®シリーズ、そして中国語のモバイル、オンラインゲームシリーズYoule888®も提供しています。

また、ADXオンライン・ビジネス・サービスには、19カテゴリーからなる物販広告を扱うサイトDiscover®、オンライン決済システムAcessePay®、多言語ウエブ放送システムWebCastPro®、多言語Eコマース販売サイトShop.Pro®およびAcesse iRewards Shop®、これまで全世界で87万件以上の「DIY」型モバイルアプリを制作してきたAppMart Pro®、セキュリティの高いオンライン・メッセージ・サービスAcesse Mail®、ライブビデオ放送と会議システムVideoMeet Pro®、便利かつ無料で利用できるモバイルテキストメッセージと静止画像、動画のチャットシステムYouChat®が含まれます。

グローバルテクノロジー企業であるADXグループは、Accesseブランドの電子電機機器、オンライン・エンターテインメントおよびオンライン・ビジネス・サービスを200ヶ国10万人ものアクティブ会員を通して、これまで50万人以上のカスタマーに提供してきました。Acesseのミッションは、「テクノロジーの力で人々のライフスタイルを変える」です。

ADXグループおよびAcesseに関する詳細は、メディア・バックグラウンダー・キット(日本語、英語、中国語)をダウンロードしてご覧ください。(http://bit.ly/adx-media-bg-kitまたはhttp://adxnet.com (ADXウェブサイト))

本メディアリリースは情報提供を目的としたものであり、販売提供および購入を勧めるものではありません。

将来予想に関する記述(セーフ・ハーバー・ステイトメント)

本メディアリリースには、将来の業績に影響をおよぼす可能性のあるリスクおよび非確実性が含まれています。これらのリスクおよび非確定要素には、ADX会員を増やし続ける力、会員更新率を維持する力、会員のモチベーションを向上させ続ける力、電子電機機器、オンライン・エンターテインメントおよびオンライン・ビジネス・サービスのダイレクト・マーケティング・ネットワークの売り上げに影響を及ぼす規制変更、ADXの収益変動、消費者によるダイレクト・マーケティングの受け入れ、ADX稼働国における経済状況、潜在的な競合他社の存在、否定的な評判、文化的要因または地域人口統計などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。

Powered by WPeMatico